◆ 基本ルール

◇使用カード
52枚のカードを使用。ジョーカーは無し。

 

◇手札(ハンド)
各プレーヤーに、ホールカードと呼ばれる2枚の手札が伏せて配られる。

 

◇参加料(ブラインド)
ホールデムでは、ブラインドベットを採用しているのが一般的。ブラインド1$-2$というルールの場合、
ディーラーボタンの左隣の人がチップ1$(SB:スモールブラインド)、さらにその左隣の人がチップ2$(BB:ビッグブラインド)を、手札が配られる前に強制的に賭ける。

 

◇共有カード
ゲームの進行につれて、コミュニティカードと呼ばれる共有カードが全部で5枚、場に開かれる。

 

◇ベットラウンド
ホールデムでは、ベットラウンドは4回。

 

◇アクション
各ベットラウンドでは、以下のアクションのうち1つを選択。

  • チェック:賭け金の上乗せをしないこと
  • ベット:賭け金の上乗せをすること
  • フォールド:ゲームを降りること
  • レイズ:他プレイヤーがベットした後、さらに賭け金の上乗せをすること
  • コール:他プレイヤーの賭け金と同額を出すこと
  • オールイン:自分の持ちチップを全て賭けること

 

♢ゲームの進行
以下の手順でゲームは進行。

各自に手札が2枚伏せて配られる。
・ベットラウンド1
・フロップ(全員に共通のカードが3枚)が開かれる。
・ベットラウンド2
・ターン(全員に共通のカードが1枚)が開かれる。
・ベットラウンド3
・リバー(全員に共通のカードが1枚)が開かれる。
・ベットラウンド4
・ショーダウン

 

◇勝敗
それぞれのプレーヤーは、2枚の手札と5枚の共有カード、合わせて7枚のうちの任意の5枚を選択して役を作る。完成した役の強弱で勝敗が決まる。
(選択しなかった2枚は勝敗に影響無し。)

 

◆ポーカーハンド(役)

・ハイカード
ハイカードを持つ者が勝者

・ワンペアー
同一の数字が2枚ペアのカード(残り3枚は何でもよい)

・ツーペアー
同一の数字が2枚ペアのカードが2つ

・スリーカード
同一の数字が3枚のカード(残り2枚は何でもよい)

・ストレート
5枚のカードが連続していること(マークは何でもよい)

・フラッシュ
5枚全てが同じマーク(数字は何でもよい)

・フルハウス
ペアー+スリーカードの組み合わせ

フォーカード
同一の数字が4枚のカード(残り1枚は何でもよい)

ストレートフラッシュ
ストレート+フラッシュ

ロイヤルストレートフラッシュ
10・ジャック(J)・クイーン(Q)・キング(K)・エース(A)の組み合わせでかつフラッシュ